らっきょう漬け 
 漬けどきガイド らっきょうは生命力おう盛で、すぐに芽が出てしまいます。届いたらすぐに漬けましょう。
やむを得ず日を置くときは、包材(ポリ袋)のまま、冷蔵庫の野菜室に入れ、1~2日中に使いきりましょう。 
 道具ガイド     保存びん  しっかりと密閉でき、塩分に強いガラスびんなどがおすすめ。よく洗って熱湯をかけて消毒し、乾かしておきます。
 ボウル  分量に見合った大きさのものを用意します。きれいに洗った洗い桶でも代用できます。
 ざる  軽く干すので、らっきょうが広げられる程度の大きさのものを用意します。
 包丁とまな板  らっきょうはにおいが強いので、まな板はぬらしてから使います。
まずは「らっきょうの塩漬け」を作ろう 
 材料  らっきょう…800g
 塩…70~80g(らっきょうの正味の約10%) 

 ① 洗う
 
 ボウルにらっきょうを入れ、流水で泥をザッと洗い落とす。

② .1片ずつに分けて
   薄皮をむく
 
 手で1片ずつに分け、流水の下でこするように洗いながら、薄皮を取り除く。

point
カリカリの食感を残すためには、らっきょうを長時間水に漬けたままに
しておかないこと。

 ③ .根と茎の先を切る
 
 ひげ根と茎の先を切り落とす。再びザッと洗い流し、ざるにあげて水けをよく切る。
④ .軽く干す    ざるに軽く広げ、日陰で2~3時間干す(乾かす程度でOK)。

 ⑤ 塩をまぶす
 
 ボウルに移し、分量の塩をふり入れて手でよくまぶしつける。

⑥ .保存びんに移す
 
清潔な保存びんにらっきょうを移し、ボウルに残った塩も上からのせる。
密封して冷暗所に置く。

point
らっきょうからガスが出るので、2~3日おきにふたを開けてガス抜きをします。
らっきょうの食べ頃と保存 
   
 1カ月ほど置き、塩抜きをしてから甘酢などに漬け替えます。塩漬けの状態なら、冷暗所で1年間保存可能です。


 清潔なボウルなどに塩漬けらっきょうを移し、ときどき水を取り換えながら半日ほど水にさらします。

 らっきょうバリエーションあれこれ

 甘酢漬け
 

 材料

 ・塩抜きしたらっきょう…500g
 ・たかの爪…2~3本

甘酢
 ・酢…1/2カップ
 ・塩漬けの漬け汁…1/2カップ
 ・砂糖…1/2~2/3カップ

 手順

 1.aの材料を鍋に入れて火にかけ、砂糖を煮溶かして冷ます。
 2.熱湯消毒をして乾かした容器に、らっきょうとたかの爪を入れて1.を注ぎ、ふたをする。
 3.涼しく陽の当たらない場所に置き、ときどきゆすってなじませる。4?5日後からが食べごろ。

 酢じょうゆ漬け
 

 材料

 ・塩抜きしたらっきょう…500g
 ・しょうゆ…1カップ
 ・酢…1/2カップ

 手順

 1.熱湯消毒をして乾かした容器にらっきょうを入れ、しょうゆと酢を注ぎ、軽くゆすってふたをする。
 2.涼しく日の当たらない場所に置き、ときどきゆすってなじませる。3?4日後からが食べごろ。

 赤梅酢漬け

 材料

 ・塩抜きしたらっきょう…500g
 ・赤梅酢…1カップ
 ※白梅酢でも作れます。

 手順

 1.熱湯消毒をして乾かした容器にらっきょうを入れ、赤梅酢を注ぎ、軽くゆすってふたをする。
 2.涼しく日の当たらない場所に置き、ときどきゆすってなじませる。1週間後からが食べごろ。
      ※レシピ集トップへ戻る
江 森 青 果
安心・新鮮
創業65年
○○事務所